GET BEER & PUNK
呑み過ぎ注意!BEER & PUNKな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BEER & PUNK TOUR@ライプツィヒ
ライプツィヒに到着。
2年振り!!

16121801.jpg

旧市街の中心。
トーマス教会。

16121802.jpg

教会の横にはバッハの像。
そう、ライプツィヒは文化都市、音楽の街でもある。
バッハはこの教会で活躍していた。

16121803.jpg

祭壇とステンドグラス。
内部はけっこうモダンなつくり。

16121804.jpg

街をブラッと一周。
マルクト広場と旧市庁舎。
クリスマスマーケットももちろんやってるけど、キレイになるのは夜だね。

16121805.jpg

旧市庁舎の裏側では中世風のクリスマスマーケット。
雰囲気イイネ。

16121806.jpg

ゲヴァントハウス。
コンサートホールだね。

16121807.jpg

アウグストゥス広場の片側では北欧のクリスマスマーケットを開催。
豪快、サーモンの炙り焼き。
うまそうだね。

16121808.jpg

中世風のクリスマスマーケットでグリューワイン。
とにかく呑まなきゃ始まらん。
寒いからね。

16121809.jpg

トーマス教会の横にあるブルーパブ。
さ、うまいビール呑むかっ!!

16121810.jpg

ビアタップ。

16121811.jpg

なんとドラフトでラオホがあった。
ラオホは燻製ビール。
バンベルクが有名なんだが、ライプツィヒで出会えるとは思わなかったね。
迷わずラオホをチョイス。
カンパイッ!!

16121812.jpg

何度も出てくるビール釜。
ここで醸造してるからね。

16121813.jpg

さて、夕食食べにモーリッツ城塞にあるレストラン兼ライブハウスのある場所へ。
城塞跡にあるので雰囲気も良い。

16121814.jpg

もちろんビール呑みながら。
すぐ近くにライプツィヒ大学があるから学生も多く比較的安め。

16121815.jpg

ちょいと寄ったショッピングモールの中には犬の休憩所まである。

16121816.jpg

夜はクリスマスマーケットへ。
街なかでマーケットあちこちでやってるけど、街の中心マルクト広場のマーケットが一番キレイだね。

16121817.jpg

グリューワインでカンパイッ!!
グラスもクリスマス。

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

BEER & PUNK TOUR@ケムニッツ
さて、今度はケムニッツ。
観光地では無いけど、ドレスデンからライプツィヒに向かうのに途中にあるから寄ってみた。
ブルーパブもあるってんでね。

16121901.jpg

駅から歩くと途中に劇場広場。
オペラ座と教会が並んでる。
ケムニッツの数少ない見所の一つかな。

16121902.jpg

街の中心はもちろんマルクト広場。
ここもクリスマスマーケットの真っ最中。
正面には新市庁舎。

16121903.jpg

マルクト広場に面してブルーパブがある。

16121904.jpg

ビールサーバーはこちら。
比較的新しいのかな。

16121905.jpg

オリジナルのビールでカンパイッ!!
ウン、ウマイッ!!

16121906.jpg

店内にはビール釜。
店でビールを醸造してるブルーパブがドイツにはいっぱいあるよ。

16121907.jpg

こっちには貯蔵タンク。

16121908.jpg

暗くなってきてマーケットもライトアップ。
きれいだね。

16121909.jpg

ケムニッツの名物、カール・マルクスの巨大な顔面像。
なんと高さ13m。
旧東ドイツ時代、ケムニッツはカール・マルクス・シュタットという名前だったから、この像が造られたらしい。

16121910.jpg

すっかり暗くなってケムニッツの駅舎もライトアップ。
さて、ライプツィヒへレッツラゴー!!

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

BEER & PUNK TOUR@ドレスデン - PETER & THE TEST TUBE BABIES
GIGに行くためドレスデンに移動。
今宵はPETER & THE TEST TUBE BABIES。
日本じゃ見れないからね~。

16121702.jpg

ドイツ最古のクリスマスマーケットと言われるアルトマルクト広場のクリスマスマーケットへ。
だが、あいにくの雨......

16121703.jpg

聖十字架教会の塔もかすんで見える。

16121704.jpg

クリスマスピラミッドもなにやら寂しげ.....

16121705.jpg

じゃー、中から暖めるしかないよなー!!
グリューワインでカンパイッ!!
やっぱりウマイわ。
ドイツの冬はコレだな。

16121706.jpg

ドレスデン新市街のやや郊外にあるブルーパブへ。
こういう宮殿みたいなところでビール醸造してるんだからね。
スゴイよな。

16121707.jpg

もちろんビール釜。

16121708.jpg

オリジナルのビールでカンパイッ!!
外ではグリューワインだけど、建物の中入れば暖かいからね。
そうなったらドイツはビールだろっ!!

16121709.jpg

店もいい感じだね。
日本もおいしいビール安くならないのかね。

16121712.jpg

さて次は新市街中心部にあるブルーパブへ。
こちらはいかにも老舗の店構え。

16121701.jpg

看板もいいね。

16121710.jpg

ビールタップも雰囲気あるね。

16121711.jpg

またまたカンパイッ!!
ウマイッ!!
さて、充電完了。

16121713.jpg

今宵もスクワッド。
教会の裏の敷地にあるGIGスペース。
まずはBERLIN BLACKOUTS。
ベルリン出身のホットなバンド。
ストリートスタイルの小気味良いサウンドがカッコよい。
今後も期待大。

16121714.jpg

イギリスのベテランパンクバンド、ピーター&ザ・テスト・チューブ・ベイビーズ。
ようやく見れるな。
なんと今日はアメリカン・コスプレ。
なんか毎年12月のツアーはテーマ決めてコスプレしてるとな。

16121715.jpg

もちろんヴォーカルはドナルド・トランプ。
ベースは自由の女神だよ。

16121716.jpg

格好はこんなだけど、サウンドは最高。
UP YER BUM、BANNED FROM THE PUBS、RUN LIKE HELLなどなど、大名曲のオンパレード!!
そりゃ盛り上がるでしょ。
スバラシイ、見に来てよかった。

16121717.jpg

翌日、ようやく雨あがった。
オペラ座の前。

16121718.jpg

ドレスデン城の中庭では中世風のクリスマスマーケット開催中。
衣装がいいね。

16121719.jpg

戦争の悲惨さを伝えるフラウエン教会。

16121720.jpg

昨日雨だったから、リベンジでもう一度アルトマルクト広場のクリスマスマーケットへ。

16121721.jpg

青空とまではいかないが雨よりましだな。

16121722.jpg

もういっちょグリューワインとホットビールでカンパイッ!!

テーマ:Punk/Hardcore - ジャンル:音楽

BEER & PUNK TOUR@ベルリン - RAMONES MUSUEM
今日は2度目のラモーンズ・ミュージアムへ。

16121602.jpg

まずはベルリン郊外に今年オープンしたアメリカのクラフトビール、STONEの醸造所兼ビア・レストランへ。

16121601.jpg

元々工場だった跡地を利用。
ドイツでは初の店舗だとのこと。
さ、レッツラゴー!!

16121603.jpg

ビールの醸造釜。
もちろんココでビールの醸造してるからね。
その場で造ってるビールをその場で呑む。
ウ~ム、スバラシイ。

16121604.jpg

ドラフトビールのタップはなんと50種。
イヤー、そりゃ何呑むか迷うわ。

16121605.jpg

テイスティング用もあるので2人で6種をチョイス。
もちろんココで造ってるやつね。
STONEはエキセントリックなIPAが良く知られてるけど、こうして色々試せるのはいいな。
結局もう6種試して、けっこう酔っ払ったな。

16121606.jpg

ラモーンズ・ミュージアム・ベルリン。
2度目の訪問。
この店構え見るだけでうれしいね。

16121608.jpg

入口はカフェになってて奥がミュージアム。
RAMONESの展示物だらけ。
ファンにはたまらないね。

16121607.jpg

電撃バップの手書きの歌詞。

16121609.jpg

古いポスターも。

16121610.jpg

こっちはゴールドディスクだね。

16121611.jpg

色んなTシャツも飾ってる。

16121612.jpg

ディー・ディー。

16121613.jpg

見応えあるよな、色々あって。

16121614.jpg

ラモーンズといえばコンバース。

16121615.jpg

3rdアルバム「ロケット・トゥ・ロシア」。

16121616.jpg

小物も色々。
日本語のチラシもあり。

16121617.jpg

色々見入っちゃうな。

16121618.jpg

前回はココでCJラモーンのライヴ見たんで、あんまりゆっくり見てなかったけど、今日はゆったりと。

16121619.jpg

前回見た記憶の無いものもややあり。

16121620.jpg

やっぱラモーンズは偉大なり。
なんかラモーンズ・ミュージアム移転が決まったらしい。
どこへ移転するのかまだ分からないが、また来ないとな。

16121621.jpg

夜はクリスマス・マーケットへ。
ジャンダルマン・マーケット。

16121622.jpg

ココは珍しく入場料1ユーロかかるんだが、なんといってもココはライトアップがきれい。

16121623.jpg

ベルリン来たらココは来るべきだね。

16121624.jpg

ソーセージ筆頭に色んな肉焼いてる。
寒いし、この匂いにひかれるよね。

16121625.jpg

グリューワインでカンパイッ!!
カップはデポジットで前金が必要。
カップ返せばデポジットも返ってくるけど、もちろんカップもらってもいい。
毎年デザインが違うからね。
これもクリスマスマーケットの名物。
マーケットごとにデザインも違う。

16121626.jpg

ドイツといえばやっぱりソーセージ。
チューリンガー・ブルスト。
寒いけどウマイッ!!

テーマ:Punk/Hardcore - ジャンル:音楽

BEER & PUNK TOUR@ベルリン
さて、寒いけどビール呑みに行くかっ!!
ベルリンへ!!

16121501.jpg

ベルリン中央駅。
ベルリンのテーゲル空港はなんと列車が無い!
中央駅までバス移動。
相変わらず不便だな。
何年も前から新しい空港造ってて、もう出来てるらしいんだがまったく稼動せず。
どうなってるんだ!!
ま、駅はクリスマスツリーも飾られてクリスマスモード一色。

16121502.jpg

早速ベルリン名物カレーブルストにヘレス。
やっぱドイツビールはウマイわ。

16121503.jpg

時差ボケのままGIGへ。
今回はビールとパンク・ギグの旅。
飛行機でほとんど眠れなかったけど、気合フルスロットルで。

16121504.jpg

ドイツはGIG始まるのがかなり遅い。
しかも今日はスクワッド。
いわゆる空き家に住んだり、GIG開催したり。
PUNKSのコミュニティースペースだよね。
始まったのがPM10:30過ぎ。
2バンド目のSCHWACK。
NY HARDCOREスタイルでなかなかの人気。

16121505.jpg

本日トリはKRANK。
70'sスタイル+モダン・ハードコアといった感じか。
終わったらAM1:30。
いやー、時差ボケの身にはキツイわ。
立ったまま寝るとこだったよ。

16121506.jpg

さて、気を取り直して街中へ。
アンペルマンの信号は元東ドイツ地区の名物。

16121507.jpg

ベルリンの中央地区、テレビ塔。

16121508.jpg

そして、ドイツ冬の名物クリスマスマーケットへ。
アレキサンダー・プラッツ。

16121509.jpg

寒いけどイイネ。
これぞドイツの冬だよ。

16121510.jpg

平日だけど人も多いね。
ベルリンの中心だからね。

16121511.jpg

クリスマスマーケットと言えばグリューワイン。
ホットワインだね。
寒いから外でビールは無理だよね。
中から暖める。

16121512.jpg

ハッケシャー・マルクト駅のガード下の店で腹ごなし。

16121513.jpg

ドイツビールとムール貝。
ムール貝は甘辛のチリスタイル。
見た目より量が多くて腹一杯。

16121514.jpg

以前にも行ったブルーパブへ。
マンションに囲まれた、ものすごい分かりにくい場所。

16121515.jpg

この時期のシーズナル・ビールはボック・スタイルが多い。
ボックは高アルコールのラガービール。
冬場はチビチビとビールを楽しむ。

16121516.jpg

電車に乗ったら、揺れ注意の看板。
なんかスリルありそうだが。

16121517.jpg

クリスマスマーケットはしご。

16121518.jpg

クリスマスマーケットはやっぱり夜がキレイ。

16121519.jpg

子供が喜ぶ乗り物も。

16121520.jpg

冬の名物だね。
人出も多い。

16121521.jpg

じゃ、もう一杯グリューワイン。
寒いから中から暖めなきゃ。

16121522.jpg

またまた時差ボケの身体を揺り起こしてGIGへ。
ココはカフェの奥の地下に会場が。
分かりにくいわっ!!
NASTY PARK。
骨太の音でいい感じ。

16121523.jpg

フィンランドのWASTED。
前半は最近のPOP目の曲だったが、後半は初期のストリート・スタイル。
いい感じだったね。

テーマ:Punk/Hardcore - ジャンル:音楽

copyright © 2018 GET BEER & PUNK all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。