GET BEER & PUNK
呑み過ぎ注意!BEER & PUNKな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BEER & PUNK TOUR@ライプツィヒ - FRONT
さて、ドイツ・BEER & PUNKツアーもいよいよ終焉。
あっという間だな、楽しいことは。

16122001.jpg

ライプツィヒのビールと言えば、何といってもゴーゼ。
元々駅舎だった建物を利用したゴーゼ・ビール醸造所兼ビア・レストランの「バイエリッシャー・バーンホフ」。
建物からしていいね。

16122002.jpg

ゴーゼと言えばこのマーク。
ライプツィヒを代表するゴーゼの醸造所は2軒あるが、その内の一つ。

16122003.jpg

ゴーゼビールでカンパイッ!!
ウ~ン、この酸味のある味わいが特徴だな。
ウマイわっ!!
しかし満杯でメシ喰えず。
写真もボケた。

16122004.jpg

さて、またまたライプツィヒのクリスマスマーケットへ。
ライトアップの時間。

16122005.jpg

じゃがいもを売りにしてるレストランへ。

16122006.jpg

なんとメニューはビールのラベルに書いてある。
オー、イカシてるね~。

16122007.jpg

ビールタップ。
さて、なに呑むか。
もちろんドイツビアー!!

16122008.jpg

ドイツビアーでカンパイッ!!

16122009.jpg

ドイツはソーセージ&肉のイメージが強いけど、魚もけっこー食べるんだよ。
ま、ポテトは必ずといっていいくらい付いてくるけどね。

16122010.jpg

トイレ行く途中にジャガイモのモニュメント。
さすがポテト王国。

16122011.jpg

クリスマスマーケットに戻ってダメ押しのグリューワインとハーフメーター・ブルスト。
50cmね。
これもライプツィヒの名物だね。

16122012.jpg

またまた昼間のマルクト広場のクリスマスマーケット。
市庁舎をバックに。

16122013.jpg

もう一軒ライプツィヒのオススメは、ゴーゼ酒場「オーネ・ベデンケン」。

16122014.jpg

ココではライプツィヒ名物のゴーゼが2種類とも呑める。

16122015.jpg

おっと、またぼけた。
デルニッツァー・リッターグーツ・ゴーゼ。
塩とコリアンダーを加えて醸造することで独特の酸味が出る。
これははまるね。

16122016.jpg

夜はGIGへ。
またまたスクワッドにて。
今日のメインはFRONT。
シンプルなストリート・スタイルのPUNKバンド。

16122017.jpg

小気味良いサウンドがかっこ良かった。
しかし終わったらAM2:00。
ウ~ム、ドイツの夜は遅いぜ。

16122018.jpg

ドイツ最後のディナーは「ツィルス・トゥンネル」。
地元ザクセン州の郷土料理が味わえる店とな。

16122020.jpg

入口には色んな麦芽が飾られてた。
うまいビールがあるってことだよね。

16122021.jpg

最後も魚の煮込み料理とゴーゼ・ビールで。
また来るぜっ、ドイツ!!
うまいビール呑みになっ!!
スポンサーサイト

テーマ:Punk/Hardcore - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 GET BEER & PUNK all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。